プロフィール

ブログ開設から

まめ姫

Author:まめ姫

最新記事

月別アーカイブ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去勢手術前の検査で…

最初に…
今回は重くるしい話になってますのでご注意くださいm(_ _)m


小次郎は先日トレーナーさんに連れられて去勢手術前の検査に行きました。

検査当日は連絡が行き違い、トレーナーさんから翌日結果を聞きました。

結果は心臓から逆流音するため、去勢手術の前にまず心臓の状態を確認するようにと獣医さんから指示があったそうです。


心臓疾患専門の病院を紹介され6/8トレーナーさんと一緒に検査を受けに行きました。

小次郎初めての病院で緊張してます。



診断結果は「肺動脈狭窄症の重症」
思わぬ結果に私もBOSSもトレーナーさんもショックを隠しきれません。


先生からまず出た一言は「小次郎君をこれから飼いつづけますか?」
少し言い方は違いましたが、この様な趣旨の事を聞かれました。


私達は、「もちろん治療を受けて飼いますよ!」と返事をしました!

先生は「良かったです」と
病気が見つかるとペットショップなどに返す飼い主さんがいるためそんな質問をされたそうです。


犬を飼うと決めたときから、最後まできちんと面倒を見ると決意していました。
訓練に出してしまったので、一緒に暮らしてる期間は短いですが、小次郎は既に家族!
返すなんて考えてられません。
返せる人の気持ちも分かりません。

一瞬何を聞かれているか理解できませんでしたが、先生の質問からすると病気と聞いてペットショップやブリーダーに返す飼い主がいるのが現実なんですね…残念でなりません


先生からは肺動脈狭窄症の説明や外科的治療方、内科的治療方、これから出てくる症状などのお話がありました。
小次郎は全く症状もなく元気そのものなんですが、既に心臓肥大があり、肺水腫の兆候が出ているそうです。

先生の話を聞いていても話がすり抜けていく感じ…涙をこらえるのに必死でした。


その日の夜から小次郎が寝てる時の呼吸数を数える様に指示がありました。
通常は1分間に20~25回、40回を超える場合はすぐに連絡するようにとの事です。
今はまだ訓練所のためトレーナーさんにお願いしました。

本来の目的だった、去勢手術、抜歯、狼爪の切断は中止。
来週再度受診です。


翌日、先生から確認するように言われてきた呼吸回数をトレーナーさんへ確認したところこんな返信をいただきました!

コジちゃんは月曜日火曜日ともに27~28回ほどで落ち着いています( ^ω^ )ゴハンも良く食べ、ほどよく運動もしていますよ
やはり、外見上は違和感を感じるところがなく、この状態をキープしていきたいですね‼️


少しホッとしました。



同じ病気で長く生きてるいるワンちゃんもいます(๑•̀ㅂ•́)و✧その子達にも負けないように「小次郎これから一緒に治療頑張るよ!」
土曜日は訓練所へ面会!楽しみだな❤︎





★ランキングに参加しています
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
↑ポチッとよろしくワン(๑⃙⃘◡̈๑⃙⃘)˖˚ ͙ෆ




スポンサーサイト

Re: お返事

>みかんさん
こんばんは♪いつもコメントありがとうございます。
お返事前後してしまってすみませんm(_ _)m
小次郎が少しでも犬らしく楽しく過ごせるように支えれるように明るく頑張りたいです!
時々弱い自分が出てきます…。
でもそんな時は皆さんに励ましてもらいに行きます(笑)はなちゃんも手術乗り越えてますもんね!小次郎もきっと大丈夫(๑•̀ㅂ•́)و✧
06.13.2015 21:12
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

やっと見れました!この間からなぜか開かず私のやり方がおかしいのかと…
改めて読むと知っていた内容なのに涙しちゃいました。すみません(>_<)
きっといろいろ制限しなくてはいけなくなるんだろうけど、小さい小次郎クンが我慢できるか…他にも悩みはつきませんよね。涙する日もあると思いますが、アッチで吐いてストレスためずに、小次郎クンと楽しい毎日を過ごしてほしいです。うまく言えませんが、私一人では何もしてあげられませんが、皆がついていますからねっ!!
06.12.2015 23:45
URL | みかん
[ ]

Re: お返事

>やまんまさん
こんばんは!コメントありがとうございます!
そして応援のお言葉ありがとうございます(❃´◡`❃)
これから小次郎と一緒に病気と闘います!!
ブログの記事にするのは悩んだのですが、前向きに進むしかない状況に自分を追い込むため記事にしました。病気の事以外にも小次郎との日常も記事にしていきますので見守っていただけると嬉しいです!
これからよろしくお願いします!
06.12.2015 20:04
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

今、初めてこのお話を読ませていただいて、本当に胸がいっぱいで、なんて言ったらいいのかわからないですが、迷わず小次郎君と歩んでいくと決意されている豆姫さんとBOSSさんに、私も勇気をもらいました。どうか小次郎君、豆姫さん、BOSSさんが、いっぱい幸せでありますように。
無力な私だけど、応援しています。
06.12.2015 19:20
URL | やまんま
[ ]

Re: お返事

>きのこさん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさいm(_ _)m
治療法はトレーナーさんや病院の先生と相談しながら最善と思える方法を選択できると良いなと思います。
経験豊富なトレーナーさんが近くに居たのは本当にラッキーでした。病院でも一緒に話を聞いていただいだので、パニックにならずに済んだのかもしれません。
せっかく産まれてきた小次郎、やっぱり我慢だけではなくて、たくさんのお友達と出会ったり、遊んだり、美味しいもの食べたり、色んな経験をさせたい。きのこさんの言いたいことなんとなく分かりますよ(✻´ν`✻)
少しでも一緒に居たい気持ちと小次郎が犬らしく楽しく過ごす事、私達が上手く加減できるか…難しいかもしれませんがそう言う気持ちは忘れないようにしたいです。
06.12.2015 19:19
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

Re: お返事

>まろママ
いつもコメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。m(_ _)m
小次郎診察前すごく緊張してて、抱っこの時も足がピーンとなってました(-`ω´-;A
診察台の上ではかなりのへっぴり腰、詳しい検査のため私達が部屋から出ようとしたら、「えー行くの?」と振り向きました。先生の検査は大人しく受けていたそうです。こんな可愛い小次郎と少しでも長く一緒に居たいです( ཀ͝ ∧ ཀ͝ )
皆さんの励ましで何とか持ちこたえています!
小次郎、外見見てる限りは本当に病気なのかしら?と思うくらい普通です。
くじけそうになったら皆さんに背中を押してもらいます。これからもよろしくお願いします!
06.12.2015 19:02
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

今後どのような治療に決められるのか分かりませんが、治療法以外にも、興奮させないように躾をするなど様々な策があるでしょうし、
信頼できるトレーナーさんが身近にいることは不幸中の幸いなのかなと思います。


あと、まだ言うべき内容じゃ無いかもしれませんが…
病気のため、生きて行くうえで小次郎君には色んな制限がかかるでしょう。
でも、我慢我慢の生活で長生きするよりも、たとえ短命だったとしても犬らしく楽しく過ごせたらいいんじゃないかなぁと私は思います。

何を言いたいのか分からなくなってきた…(/_;)
不快にさせたらごめんなさい。
06.11.2015 22:17
URL | きのこ
[ ]

Re: お返事

>TOMOMIさん
こんばんは!コメントありがとうございます(〃▽〃)
確かに去勢手術前の検査で分かったのは幸いだったのかも…
病院によって病気が見逃され去勢手術したらどうなっていたか想像しただけでも恐ろしい。
小次郎が我が家に来ていなかったら…
考えたことなかった(⊙ロ⊙)
そう思うと少しでも小次郎の支えになれて良かったと思います。気づかせてくれてありがとうTOMOMIさん
寅次郎君と小次郎遊べるの楽しみしてます!寅次郎君もご挨拶頑張って(๑•̀o•́๑)۶ FIGHT☆
06.11.2015 19:37
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

こんばんは。

小次郎くん診察頑張りましたね(*^^*)
事前にお話聞いていましたが、改めて読むとまた・・・つらいです。
どうして、って何度も考えてしまいます。

今は、呼吸の回数も落ち着いていて変わりなく過ごせているとのこと。
苦しい思いはしていないんですね。ひとまず良かったです。

まめ姫さんの決意、とっても伝わってきました。
素敵なパパママにご縁があって、小次郎くんは本当に幸せです。

同じブリーダー出身のワンコを飼うもの同士、ブログを通して
知り合いになれたこと、嬉しく思っています。
まめ姫さん、仲間がたくさんいますよ!みんな味方です!
つらい時はいつでも、なんでも話してくださいね。
06.11.2015 19:21
URL | まろママ
[ ]

Re: お返事

>じゅんじゅんさん
こんばんは!コメントありがとうございます(〃▽〃)
こんな事がなるべく起きないように選んだブリーダーさんだっただけに残念です。
先生からもらった資料には先天性心疾患の発生率は1000頭に1頭の割合で多く発生する犬種の中に柴犬とありました。感覚では意外に多いのかなと思いました。購入したブリーダーさんは日々仔犬が産まれているので心配です。
自分は落ち込むと厄介な性格。だから落ち込んでいられないようにブログに前向きに頑張ると書いて、頑張るしかない状況に自分を追い込んだと思います。
それと、思ってることを文章にすると頭の中が整理されて今自分がすべき事が見えてくるように思います。
文章は全然整理されてないかも(笑)
まだまだ、病気の事やどんな事に気をつけて生活するかなど勉強することが沢山のあります!
チェルシーちゃん 、じゅんじゅんさん色々教えて下さい。そして一緒に頑張りましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧
よろしくお願いします。

06.11.2015 18:35
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

Re: お返事

>みーちょさん
こんにちは!コメントありがとうございます(〃▽〃)
小次郎の治療法は本当に悩みます、費用の事や今の元気な状態で手術して万が一戻ってこな…うー考えたくない。自分達の決断でもう少し長く生きれた命を短くしてしまうかもと思うと怖いです。
みーちょさんや他の方からの励ましは前を向く原動力になっています!これから色々話を聞いてくださいよろしくお願いしますm(_ _)m
06.11.2015 17:58
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

普通に生活していたら、明らかな症状が出るまでわからなかったこと…早めにわかったことで色々な選択ができるのはせめてもの救いですね。
ブリーダーへの疑問や怒りもありつつも、仮に当時、まめ姫さんのところに迎えていなかったとしても、小次郎くんは今どこかで生活していた訳で、小次郎くん自身は立ち向かわなければいけないことだったんですよね。
でもそれが、まめ姫さんのところでよかった!
私もショックは大きいけど、何とか乗り越えて欲しい!!
寅次郎とも一緒に遊んでくれることを楽しみにしていますよ(^o^)/
06.11.2015 13:59
URL | TOMOMI
[ ]

Re: お返事

>rikumamaさん
こんにちは!
コメントありがとうございます(*´︶`*)
小次郎の病気ビッグリしました。そして思っている以上に重症で、まだちゃんと受け止めきれていないかも…。
ただ小次郎を幸せに過ごさせてやりたい気持ちでいっぱいです。応援していただいてとても心強いです!
なるべくこうした事が起きないようにしっかりしたブリーダーさんを選んだつもりだったのですが…
実態は違ったのかなー。残念でなりません。
購入するときも健康面にただならぬ自信をお持ちだったので、今後同じブリーダーさんで購入を考えている方のためにもその辺りの事はまた記事にまとめたいと思います(*`へ´*)
06.11.2015 13:14
URL | 小次郎の飼い主
[ ]

前向きに♪( ´▽`)

小次郎君の事、記事にして頂きありがとうございます。
肺動脈狭窄症…調べてみると先天性が主だとか…。せっかくブリーダーさんから譲って頂いたのに病気の子がやってくるなんて…。
チェルシーも心臓病です。チェルシーの場合は後天性ですが…。初めて医師から聞いた時は頭が真っ白になり、話がキチンと理解出来なかった事を思い出しました。チェルシーの場合は引取り前のトライアル期間中だったもので…変な話、返す事も出来ました。でも、返せませんでした。全て受け入れる覚悟を自分に課す為に、決意表明みたいな気持ちでブログに書いた事を思い出しました。
まめ姫さんも…そんな気持ちもあるのかな?なんて、勝手に思ってしまいました。
小次郎君はまだパピーだから心配です。でも…飼い主の心配が小次郎君の同調に繋がってしまうのが一番ストレスになります。ちょっと病気があるだけ、大丈夫!普通の子と同じだよ!って気持ちを持って接してあげて下さい。その気持ちに必ず応えてくれますよ!チェルシーと一緒に情報を共有し合いながら頑張りましょう〜( ´ ▽ ` )ノ
06.11.2015 07:45
URL | じゅんじゅん
[ ]

こんばんは、遅い時間にすみません。
お話、少し伺ってはいましたが改めて拝読したら、やはり辛いですね…
どうしてこんなことに(;´Д⊂)って思ってしまいますが、今必要なのはこれからを考える事ですものね。
今の小次郎くんの症状が、思ったよりひどくないこと、何よりまめ姫さん、BOSSさんがしっかりした決意を持って明るいことが救いです。
きっとココに書けないほど、泣いて悩んだはずなのに、それを一切感じさせないお二人の強さに感服しています。
微力ですが、お知り合いになれたのもご縁です♪
何か出来ることがあれば、遠慮なくおっしゃってください!!
06.11.2015 00:21
URL | みーちょ
[ ]

今回のお話は、とてもショックで本当に悲しくて悔しくてなりません。小次郎君、小さい体で、そんな重い病気を抱えているなんて・・でも、豆姫さんとBOSSさんが、前向きに病と向き合って、小次郎君を支えていくお姿に、胸が熱くなりました。小次郎君、とても幸せだと思います。同じブリーダー出身の、ワンコ飼い仲間として、応援しています。しかし、色々疑問もわきますね。まずは、小次郎君のケアが第一ですけれども・・・
06.10.2015 23:27
URL | rikumama
[ ]

Secret?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。